株式会社デルフィス

DAILY SCHEDULE 社員の1日

デルフィスの社員はどういった働き方をしているのか、
1日の流れをご紹介します。

DAILY SCHEDULE 01

企画営業

垣下 祐介KAKISHITA YUSUKE 2014年入社/新卒

クライアントと二人三脚で
ブランドを育てる。

企画営業として、寝具ブランドや家電ブランドのブランディング・販促を担当しており、マス広告から店頭プロモーションまでトータルに携わっています。 デルフィスでは珍しいクルマ以外の商材ですが、クライアントと一緒にブランドを育てていく仕事は大変やりがいがあります。

  • 07:30

    目と脳を覚ます
    自分がブランディングを担当している寝具ブランドの枕で起床。担当する商材は、まず自分がユーザーになってみないと始まらないのです。
    あとは気持ちよく音楽をかけて気分を高めます。
    目と脳を覚ます
  • 09:30

    出社&情報の整理・収集
    朝は脳みそがプルップルで新鮮なので、コーヒーを飲みながら前日の業務整理や当日の動きの優先順位を考えたり、センターカフェにある新聞・雑誌やネットを活用し、「やられた!」 と思ったことをメモして収集。
    出社&情報の整理・収集
  • 11:00

    スタッフとのミーティング
    家電のプロモーションに関する社内スタッフを交えた打ち合わせ。飽和市場のなかでどのように好きになってもらうか、企画を練ります。スタッフの先輩方から知見を吸収しながら、営業の想いを発信し打ち合わせを推進。若手の意見も積極的に取り入れてくれます。
    スタッフとのミーティング
  • 12:30

    移動&ランチ
    クライアントとの打ち合わせの前にまずは昼食!
    今日は個人的最高峰ランチの1つ、鳥料理の名店へ。脳みそと胃をとことん癒してあげるために、昼飯はしっかり堪能します。その後、クライアントのところまで車を片道30分走らせます。
    移動&ランチ
  • 13:30

    クライアントとの打ち合わせ
    前日に作成した資料をもって、打ち合わせへいざ、出陣。
    他愛もない雑談もしつつ、今後のWEBプロモーションの進め方について相談。営業がお客さんとしっかり対話することは、スタッフを率いて正しい方向に仕事を進めていくうえで大切です。
    クライアントとの打ち合わせ
  • 15:00

    テレビ局の取材立会い
    担当している新商品のテレビ局取材に立ち会うため、車を走らせて家具店へ。いかにおもしろく、魅力的に伝えてもらうか、番組の内容について打ち合わせをしながら固めていき、いざ本番。アナウンサーやリポーターと仕事ができますよ!
    テレビ局の取材立会い
  • 18:00

    せかせかデスクワーク
    ようやくデスクに戻って、企画書を修正したり、スケジュールや見積を作成したり、明日以降の準備にとりかかります。その後は、同じ営業チームの先輩とミーティング。業務進捗や収支見込みを報告しつつ、次のテレビCM・キャンペーン提案に向けた動き方を相談します。
    せかせかデスクワーク
  • 21:30

    友人たちと飲み会
    今日は、社外の友人たちと飲みにいき、近況報告や楽しい話に花を咲かせます。
    みんな面白い仕事に携わっているらしくハツラツとしており、他業界の話を聞いて刺激をもらいます。シメは台湾ラーメン。眠いけれど明日の活力です。

DAILY SCHEDULE 02

企画営業

笹之内 春佳SASANOUCHI HARUKA 2002年入社/新卒

仕事も子育てもハイブリッドに。

レンタカーの利用促進を目的としたデジタルコミュニケーション、プロモーションを企画営業として担当しています。レンタカーは、クルマを所有していない人にも、ドライブの楽しさを体験してもらえる貴重なタッチポイントなので、生活者の心にきちんと届くプランニングを心がけています。

  • 08:30

    娘を送り届ける
    寝起きの悪い親子なので、我が家は、毎朝戦場です。
    娘を送り届ける
  • 09:30

    出社
    まずはメールチェックと情報収集から1日はスタート。
    一緒に仕事をしているメンバーから、前日帰宅後の進捗具合もヒアリング。3~4人のチームで仕事をしているので、急なお休みや早退のときには、メンバーに支えてもらっています。
    出社
  • 11:00

    社内打ち合わせ
    東京のスタッフとテレビ会議で、次期レンタカーキャンペーンについてブレスト。
    テレビ会議の設備が多いので、出張ができなくても、東京のスタッフと頻繁に打ち合わせできます。
    社内打ち合わせ
  • 12:00

    同僚ママとランチ
    同僚ママと、仕事の話、子どもの話、旅行の話・・・話はつきません。
    (子どもと一緒だと味わえない)ゆったりしたランチの時間を楽しんでいます。
    同僚ママとランチ
  • 14:30

    クライアントとの打ち合わせ
    次回キャンペーンに向けた打ち合わせ。
    限られた時間のなかでも、クライアントの抱える課題をより明確にするため、直接話す機会を増やすよう努めています。
    クライアントとの打ち合わせ
  • 18:00

    帰宅・保育園のお迎え
    資料作成・業務引き継ぎを終わらせて、急いで保育園へ。
    一旦、仕事のことは忘れて、娘との時間を大切にすべく、たくさん会話して、全力で遊びます。
    帰宅・保育園のお迎え

DAILY SCHEDULE 03

小林 建太

プロモーションプランナー

小林 建太KOBAYASHI KENTA 2009年入社/新卒

妥協せずに、いいものを生み出す。

トヨタやダイハツのプロモーションを担当しています。クルマがメインですが、企業ブランド自体の企画に携わることもあります。プロモーションプランナーが担う領域は幅広く、デジタル、メディア、イベントなどを軸に生活者とのコミュニケーションをどのようにデザインすべきか、その全体を考えるのが仕事です。

  • 08:30

    通勤
    毎朝の通勤時間はお気に入りの音楽を聴きながら、スマホでSNSやニュースサイトをチェック。気になる情報をピックアップして、毎日の企画に活かしています。
    通勤
  • 09:30

    出社
    出社したらまずはメールチェックから1日がスタート。
    その後に今日のやるべきことを書き出して1日の流れを整理します。効率的に時間が使えれば、やりたい企画や好きな仕事に多くの時間を割くことができます。
    出社
  • 10:30

    社内打ち合わせ
    午前の打ち合わせは営業との企画会議。クライアントの課題を整理し、昨日まとめた企画のアイディアを説明。反応は好感触。これは良い提案ができそうだ。
    社内打ち合わせ
  • 12:00

    ランチ
    趣味がカレーの食べ歩きなので、最近気になっているカレー屋さんでランチ。お、これはおいしい!早速レパートリーに追加しよう。
    東京本社はカレーの聖地、神保町にも近いので、いろんなお店に足を運べます。
    ランチ
  • 14:30

    外出→クリエイティブ会社と打ち合わせ
    とあるクルマの来期プロモーションについて社外で打ち合わせ。この商品の課題は何か、どんなメッセージを生活者に届けるべきかなど、議論は絶えませんが、そこがコミュニケーション企画のおもしろいところ。いいものを生み出すために妥協はしたくない。
    外出→クリエイティブ会社と打ち合わせ
  • 17:00

    帰社・作業
    1日の打ち合わせを終え、会社に戻って企画書を作成。今日話した内容を企画へと昇華させていく。この時間は自分との向き合い。集中して一気に仕上げる!
    帰社・作業
  • 20:00

    趣味のアート鑑賞
    仕事終わりに、前から気になっていたアート展に立ち寄ってみた。好きなアーティストの作品を見ながら、「この人達とこんな仕事をやってみたい」…とか考えれるのもこの仕事のいいところ。
    趣味のアート鑑賞

*所属や業務内容は2017年1月時点のものです。