株式会社デルフィス

INTERVIEW 社員インタビュー

鈴木 博人

会社の屋台骨を支えるのが
経理の仕事。

INTERVIEW 10

経理

鈴木 博人SUZUKI HIROTO 2015年入社/中途

デルフィスに入社したきっかけは? 前職はクルマのプラスチック部品メーカーで経理をしていました。新卒で入社してからは経理畑一筋で、国内で6年ぐらい勤めた後、異動でインドネシアへ赴任することに。インドネシアでは3年ほど働いていたのですが、子どもができたことをきっかけとして日本へ帰国したいという気持ちが強まり、転職を考えるようになりました。

さまざまな企業を検討したのですが、小さい頃からクルマが好きだったのと、クルマ関係の企業のほうがこれまでの経験を活かすことができると考え、デルフィスを志望するように。デルフィスが制作した初代プリウスのテレビCMが記憶に残っていたということもあって、広告会社の仕事にも興味が湧き、最終的に入社を決意しました。

現在、担当している案件は? 経理室にて会社の売上・入金管理を担当しています。具体的には、国内外のクライアントから振り込まれる売掛金の入金が請求内容や金額と一致しているか、また設定された回収条件の通りかを確認しています。もし、相違がある場合には、クライントや営業担当者へ連絡して、事実関係を明らかにするのも仕事です。

日々の地道な作業の積み重ねは決して派手とはいえませんが、会社のお金に関わる重要な仕事ですし、営業やスタッフが苦労して稼いできたお金を取り扱っているので、ミスがないよう、細心の注意を払って業務に取り組んでいます。

デルフィスに入社後、一番印象に
残っている出来事(業務)は?
入社してから半年後ぐらいに開催された、所属部署のオフサイトミーティングです。オフサイトミーティングというのは、普段のオフィスとは別の場所で、部署の方針や課題を改めて共有するための会議なのですが、私は経理部門を代表して、消費税増税時の軽減税率制度に関する説明を行いました。

限られた時間ですべてを説明することはできないため、要点を絞るうえで何を重視すべきかチームで議論し、それを踏まえてスライド資料を作成しました。普段、大勢の前で喋ることはあまりないため、緊張しましたが、「分かりやすかった」という感想をいってもらえたので達成感がありました。

また、オフサイトミーティング後の懇親会では、普段接することのない支社の社員とも交流できたので、そこも含めて印象に残っています。

あなたが考えるデルフィスの
強み・魅力は?
デルフィスは社員を大切にする会社だと思います。社員が働きやすい環境づくりのため、オフィスの整備にも積極的ですし、就業に関する制度改革の動きも早いです。たとえば、育児を目的とした短時間勤務制度を例にあげると、対象を小学校4年生までの子どもとしており、他社と比較しても、手厚いサポートになっているのではないかと思います。広告会社の場合、社員のパフォーマンスがそのまま売上に直結していくため、「働きやすさ」は社員にとっての魅力であると同時に、会社としての強みでもあるかと。

また、経理的にはデルフィスの財務面での強さ、トヨタグループとしての安定性も大きな魅力だと思います。

MESSAGE 入社を検討されている方(新卒/中途)へのメッセージ

自分の可能性を拡げるためにも、
さまざまな業界を幅広く見ることをおすすめします
就職活動は、現在の自分と真剣に向き合うチャンスだと思います。これまで頑張ってきて強みとしてアピールできること、逆に、弱みなのでこれから補う必要があることなど、自分の長所と短所の両方を見つめるいい機会かと。

また、世の中には本当に多くの仕事があるので、自分の可能性を拡げるためにも、さまざまな業界を幅広く見ることをおすすめします。そのうえで、自分を信じて新たな可能性に挑戦するための第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

好きな本・マンガ
『深夜特急』 海外への興味を持たせてくれた1冊です。そして、読むだけですぐにでも海外へ旅に出たいと思わせる、そんな魔力をもった本です。できれば、社会人になる前に出会っておきたかったですね。
好きな映画
『60セカンズ』 ニコラス・ケイジやアンジェリーナ・ジョリーが出演するカーアクション映画で、さまざまな高級車が登場します。カーチェイスシーンなど、スピード感のあるシーンが盛りだくさんで目が離せません。

*所属や業務内容は2017年1月時点のものです。

一覧へ戻る